日本の神話×ドイツの伝説  

 真庭組子×ドイツ家具     

佐田建美はSDGs達成に向け行動しています。

 

佐田建美:真庭組子とSDGsリノリウム家具の製造会社

〒719-3155 岡山県真庭市下方863-1

[TEL]0867-52-7817[FAX]0867-52-7819

[MAIL]sada32@orange.ocn.ne.jp

[WEB]http://www.sadakenbi.com/

TOP
>
製品
>
真庭組子 極

 

真庭組子 極

 

 

 

真庭組子”極” 百花繚乱∼総麻の葉∼

 

  組子とは、障子や襖などの建具を構成する細かい部材のことを指し、組子細工とはそれらの細かい部材を釘や接着剤を使うことなく、手作業で組上げていく技法です。

 真庭組子”極”は見付1mm以下の薄さの部材で作成されています。半身と呼ばれるツバに接する部材は、その半分の薄さ。細かな紋様を正確に組上げる為の加工精度は千分の一ミリが求められます。 
 特に半身をしっかり製作しているかどうかで、大量生産の組子細工であるのか、丁寧に一つの「美術作品」として作成された組子細工であるのかどうかが分かります。
 

 

 














 組子細工は千三百年程前の飛鳥時代、三枚の薄く細い板を正確に組み合わせて正三角形を形作る「三組手」(ミツクデ)という技法が生み出された事が始まりと伝えられています。
 その後、表現方法や文様の数が職人により次々に編み出され、現在その組み方や技法がわかっている物だけでも、二百通り以上の組み方が存在します。そしてそれを組み上げる事ができるのは、熟練の職人だけなのです。

 

 
真庭組子”極” 百花繚乱∼大鯨∼ 

 

 

 

 佐田建美の「真庭組子”極”」はお客様一人一人のご要望をお聞きし、デザインの打合せを経て製作されている受注生産です。それゆえに大量生産が可能な製品ではなく、時代にそぐわない非合理なやり方と思われるかもしれません。

 しかし、佐田建美の願いは、ご指名して頂いたお客様が心から納得する、清楚で優雅な美しさを持つ組子を所有され、上質で豊かな日々の生活を送って頂く事です。

 その積み重ねが、世界をより良いものにすると、私たちは信じています。

 

 

 

 

 

岡山市内S邸麻の葉丸窓 直径120cm

 
 

 

 

 

 

 真庭組子”極” で企業ロゴマークの作成依頼もお受けいたします。曲線を多用したロゴマークデザインも、組子の葉を一つ一つ丹念に加工し、妥協のない組子細工をお届けいたします。

 ロゴマークを組子細工で表現する真庭組子”極”は、会社の周年記念品等として多くの注文を受けております。

 本作品は新社屋落成記念として作成され、現在は応接間に飾られています。 

  W122cm × H92cm

 

 

 

 岡山市、社内オフィスにLEDバックライトを施工した「真庭組子」の作例。組子細工の裏紙には強化和紙を施工。

 光が和紙と組子細工を通過し、とても柔らかな光となって、部屋全体を彩ります。 

 W300cm × H100cm

 

 

 

 佐田建美が創り出すのは組子細工と家具だけではありません。写真のような、組子細工とカーボンニュートラルを達成したSDGs製品を組み合わせた「新しい住空間のコンセプト」も提案いたします。

 この部屋は、日本古来より親しまれてきた、組子細工がたたずむ和室という空間ですが、抗ウィルス・抗菌性能を有し、100%天然素材から製造されたリノリウムという素材が同居しているのです。 

 

 日本の宝である木材、古来より受け継がれてきた世界に誇る組子細工、そして最新の技術を組み合わせ、私たちは新しい価値観を創出していきます。

 

 

 

 

真庭組子”極” 製品ラインナップ

真庭組子”極”

オーナメント

 

 一般的に販売されているコースターサイズより二回りほど小さい、繊細で美しい紋様。

2022年春より、岡山県真庭市にて販売開始。

真庭組子”極”

麻の葉タブロー

 

W46cm × H23cm(額を含む)

ご自宅に、特別な方への贈り物に。

大変好評いただいているサイズです。

 

美術組子 真庭組子”極”

 

W122cm × H92cm(額は含まず)

特別な組子細工です。

完全受注生産となります。

デザイン・仕様、使用柄の種類、樹種により価格が変化いたします。

 

ここに記載した製品は真庭組子”極”の主な製品です。

上記以外にも様々な真庭組子”極”のご要望にお応え致します。

ご要望は下記お問合せフォームよりご連絡下さい。


 

 様々な紋様・柄、樹種の組子細工の葉をご用意し、お客様からのお問合せをお待ちしております。

 お客様の、世界に一つだけの特別な組子細工として存在する真庭組子”極”です組子細工の裏紙に使う和紙の種類、額の大きさ等も、お客様のご要望を伺いご提案させて頂きます。

(上記画像はマットな質感が特徴的な抗ウィルス・抗菌素材リノリウムのミッドナイトブルーを裏紙に使用)

 

 

 真庭組子”極” 製作体験のご案内

 

 真庭組子”極”を注文して頂いたお客様限定で、ご自身の手で組子細工の葉入れを体験して頂くサービスも提供させていただいております。弊社の職人がレクチャーを致しますので、安心して作業して頂けます。

 お客様の為だけに作られる特別な組子細工です。ご自身の手で葉入れを行った経験は、出来上がった作品と共に、特別な想い出として残ります。

 詳しくは佐田建美営業部までお問合せ下さい。

 

 

 

The Okura Tokyo メインロビー 麻の葉組子パネル

 

 

 

 

真庭組子”極”に関するお問合せ

 

 

製品top