日本の神話×ドイツの伝説  

 真庭組子×ドイツ家具     

佐田建美はSDGs達成に向け行動しています。

 

佐田建美:真庭組子とSDGsリノリウム家具の製造会社

〒719-3155 岡山県真庭市下方863-1

[TEL]0867-52-7817[FAX]0867-52-7819

[MAIL]sada32@orange.ocn.ne.jp

[WEB]http://www.sadakenbi.com/

TOP
>
製品
>
オーダーメイド ドイツ家具 KÖLN32 

 

 オーダーメイド  ドイツ家具
KÖLN32

 

 

 

 KÖLN32(ケルン32)は佐田建美が提供するドイツ式オーダーメイド家具ブランドです。 

 個人住宅のオーダーメイド家具から大規模物件家具工事まで、様々な家具工事を行っています。

 

 KÖLN32を立ち上げた当初から一貫して、System32工法を製造の基軸に据えています。丁番や引出レールなどの家具金物には、欧州のトップブランドであるHÄFELEBlumHettich製を使用しています。

 システム32工法により、家具のメンテナンス、万が一の破損時の補修、ライフスタイルの変化に伴う家具の移設・再構築が容易に可能なのです。  

 

 皆様に本当に永く使っていただける家具を提供したいという想いの元、KÖLN32は製造されています。

 

System32について

 

  

 System32とは、主にキャビネット・家具製作の際に用いられる、ドイツで生まれた家具製作システムです。このシステムが生まれたのはドイツですが、今ではヨーロッパの家具製作の土台となっているシステムなのです。

 図にあるように、材料正面の小口から内側に37mm、縦に32mmピッチでΦ5mmの穴加工をベースにしているのが、System32になります。 
 System32工法においては、家具やキャビネットの側板へ等間隔に同じ穴径のドリル穴が一列に配されています。
 欧州製家具金物・ハードウェアー、丁番、連結金物、引き出しレール、ハンドル、棚ダボ等も、このSystem32工法をベースに製造されています。
 
 メーカーは違ったとしても、家具側、金具側両方に同じSystem32が採用されているので、取り替えや金具の変更、完成後に棚や扉の追加、または分解・移設工事など、ライフスタイルの変化によるさまざまな家具のアップデート要請に効率よく、容易に対応できるのです。 

 32ピッチである理由についてですが、「32」という数字は2×2×2×2×2=32と、2を構造の基礎数としていることから、数の分割が容易にできるという利点があります。
 この事は2進法の影響が色濃く残っているヨーロッパ文化圏の影響もあるでしょう。日本では定着しなかった2000円札ですが、ヨーロッパには2セント・2ユーロ硬貨、20ユーロ・200ユーロ紙幣が存在しているのも、分割可能な2という数を合理的に取り込む文化の姿勢の現れです。
 

 

 

 分割が容易な数をベースに据えているのは、精密な金具を使った家具の設計・製造の際に非常に有効です。ヨーロッパ製の多軸ボーリングマシンのドリル間隔は32mmにセットされています。そのマシンにカッティングされた板をセットするだけで、穴開け加工だけでもハイスピードな大量生産が可能です。 

 システム32を採用するという事は、工場で製造された部材のまま現場に搬入しその場で組み立てる方法・ノックダウン方式が可能であるということです。マンション、アパートなどの搬入経路が狭いなどの事案にも容易に対応することが可能で、大量物件の場合には輸送コストの大幅な削減にも貢献します。

 

 

 

 

Blumのショールーム。最新の電動開閉式扉を展示。

 

 ハードウェアーにはHÄFELEBlumHettichLamello

などを採用、ご提案

 最初に付けていた金具・ハードウェアーが廃版となり交換ができないなどという事は、世界とつながるKÖLN32においては起こりえないのです。 

 むしろ、常に最新の状態にアップデート可能な家具、それこそがKÖLN32の姿なのです。

 

 

 
移動壁「真庭」

 KÖLN32のコンセプトを凝縮した作例

移動壁「真庭」

 ライフスタイル、あるいは気分次第で家具=壁の配置を変える事が可能な室内空間を提案しています。 

 






 

 

 
 
 桧生産量日本トップクラスの岡山県、真庭市産の桧をふんだんに使用した真庭市内の小学校。ここの家具も佐田建美によるものです。

  

 

佐田建美のKÖLN32ではパーティクルボードだけでなく、岡山県産の桧を用いた木製家具の製造にも力を入れています。

 

 ヨーロッパのシステム32とハードウェアー、佐田建美が培ってきた技術、日本の桧という宝、この3つを組み合わせることにより、トレンドに左右されない、家具における最新で、”ZEITLOSE”な価値を常に追求するのが、KÖLN32なのです。 

 常に最新であり普遍的な価値を有する家具をご提供する事を、KÖLN32はお約束します。

 

 








 

 

 

 

 

 

 

オーダーメイド  ドイツ家具

KÖLN32に関するお問合せ

 

 

製品top