日本の神話×ドイツの伝説  

 真庭組子×ドイツ家具     

 
 

 

佐田建美:真庭組子、オーダーメイド家具、六角サウナを製造。

〒719-3155 岡山県真庭市下方863-1

[TEL]0867-52-7817[FAX]0867-52-7819

[MAIL]sada32@orange.ocn.ne.jp

[WEB]http://www.sadakenbi.com/

 

第74回全国植樹祭

岡山大会2024


佐田建美による

御座所背面装飾デザイン・製作

入場ゲートデザイン・製作

 

 

 2024年5月に岡山県にて開催される、第74回全国植樹祭岡山大会、その会場の入口ゲートデザイン案と、天皇皇后両陛下がお座りになられる御座所背面パネルのデザインともに、多数の公募案の中から佐田建美提出の案がコンペを勝ち抜き、採用される運びとなりました。

 またデザイン案採用のみでなく、実製作も両案とも、佐田建美によるものです。

 ここでは、特殊な組み上げ方で創られた御座所背面装飾真庭組子とCLT六角組手入場ゲートについてご紹介します。

 

 開催直前プレス発表時の様子を下記よりご覧になれます。ぜひご覧ください。


 2024年5月26日の大会開催当日は植樹祭公式YouTubeアカウント、

第74回全国植樹祭 公式YouTube にてLive配信が行われます。

 

 

 また、今プロジェクトを製作途中に取材していただいた津山朝日新聞のWEB版を、このリンクにて読むことが出来ます。https://x.gd/WOX6N  こちらもぜひご一読ください。

 

 

 

全国植樹祭御座所背面パネルの為に新たに設計・製作を行った、「コスモス紋様」(秋桜)

 

200種類を超える柄が存在する組子細工柄に、新しい紋様がまた一つ生まれました。

大きな三つ組手の3角形の枠に、更に三つ組手と紋様を嵌め込む、入れ子構造にて製作されました。

 

 

 

 御座所背面 真庭組子装飾


岡山県全体を流れる三大河川をモチーフにしています。


「吉井川 秋桜 コスモス柄」

 県東部に位置し、備前の「東の大川」と呼ばれていました。出雲地方と近畿地方を結ぶ交通の要衝であり、高瀬船等の方船にも恵まれ栄えてきました。

 赤磐市の吉井川堤防沿いは、200万本ものコスモスが咲き誇り、コスモスロードとして親しまれています。


「旭川 桜 桜亀甲柄」

 県中央に位置し、備前においては「西の大川」と呼ばれていました。市街地の河岸には岡山城が築かれ城の堀として利用されているため、90°に屈曲しています。

 旭川さくら道から源流に近い新庄村凱旋桜まで、両岸に咲き誇る無数の桜が有名で毎年多くの人を楽しませています。


「高梁川 麻の葉」

 県西部に位置し、岡山県と広島県の県境から瀬戸内海の水島灘に流れる一級河川です。方船が盛んで、塩荷などを扱いました。下流部は水田が多く、上流部はたたら製鉄が明治期まで行われていました。

 流域面積が最も広く、支川の多い高梁川を、成長と発展の意味を込め、高梁川の紋様を麻の葉としました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六角組手CLT入場ゲート

 

 

 

 

 六角組手CLTゲート


 高さ3.5M、スロープも含めた長さは7Mの入場ゲートです。

 提出したプランがコンペティションを勝ち抜き、デザイン・製作・インストールまで、一貫して佐田建美で行わさせていただきました。

 

 この入場ゲートは岡山県にて製造された桧CLTを使い、金具や接着剤を使わずに組み上げられています。素材としてCLTを使用することが、コンペティションのテーマだったのです。 

 

 6角形は、日本では亀の甲羅の模様である亀甲模様とも呼ばれています。亀甲模様は、吉兆模様の一つであり、長寿の象徴でもあります。いくつも同じ形が連なって形成されていることから、永遠に続く繁栄の意味もあります。また、耐久性に優れた構造を形成できるのも六角形の特徴です。

 

 最先端の建材と古くから伝わる木組みの技術、概念が合わさることで生まれる新しい可能性と、新しい世界を、このゲートは象徴しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

制作過程取材:津山朝日新聞 https://x.gd/WOX6N

 

 

 

 

 


top