日本の神話×ドイツの伝説  

 真庭組子×ドイツ家具     

佐田建美はSDGs達成に向け行動しています。

 

佐田建美:真庭組子とSDGsリノリウム家具の製造会社

〒719-3155 岡山県真庭市下方863-1

[TEL]0867-52-7817[FAX]0867-52-7819

[MAIL]sada32@orange.ocn.ne.jp

[WEB]http://www.sadakenbi.com/

TOP
>
施工事例集 作品画像集
>
施工事例 The Okura Tokyo 大型麻の葉組子パネル

 

施工事例
The Okura Tokyo 
メインロビー 大型麻の葉組子パネル

 

 2019年に改築工事が完了した日本最高峰のホテル、The Okura Tokyo のメインロビーを飾る10枚の大型麻の葉組子細工パネル。

 その麻の葉組子細工を外からの自然光が通過し、広大なロビーを清楚で優雅な雰囲気で満たしています。 

 

 

 

 

 

  麻の葉紋様は日本において昔から愛されてきた紋様です。紋様の意味は「成長・繁栄」。この紋様は1962に開館したホテルオークラの時代から、当ホテルのシンボルマークでした。

 2019年からThe Okura Tokyoとして新たに開館する際に、実はこのロビーだけは「以前と寸分たがわぬロビーを、創る」という方針の元、新たに作られたのです。

 

 

 

 






 実際に組まれたメインロビーの麻の葉組子細工の細部。組子細工の慣例とは違い、この麻の葉紋様には、この場所の為だけの特徴的な仕様が幾つかあるのです。 

 また、この麻の葉紋様の大きさはとても大きなものですが、紋様の組み込み「葉入れ」が楽な訳ではありません。今後100年、外れないように組むために、槌を使い葉を叩き込まなければならないという、とてもタイトな仕様となっています。


 麻の葉という紋様はとても不思議な紋様です。組子細工を作成していて気付くのですが、麻の葉紋様の組子細工は、いわば基本中の基本。この組み方の技術の応用が他の様々な美しく複雑な紋様の基礎となっています。 

 それでも、組子細工建具の一面をある紋様のみで作り上げた時、最も美しく、気品にあふれて見えるのが、この麻の葉紋様なのです。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工事例top

 

真庭組子”極”